FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
さてさて、酷い雪のせいで疲れ果てて大体9時には寝ちゃう今日この頃。
リクエストのリストをあげて起きます。

・「ブラック★ロックシューター」
・「天使のいない12月」の須磨寺雪緒
・「ネクロスの要塞」のアマゾン
・「NARUTO」の春野サクラ(後期)
・「ラ・ピュセル」の魔王プリエ
・「とある魔術の禁書目録」の神裂火織
・「超次元ゲェムネプテューヌ」のパープルハート
・「fate」のセイバー
・「遊戯王」のマナ
・「to heart2」の向坂環


となりました。見事に多種多様w
前に表記させてもらったとおり、資料を頂くまたは画像指示してもらえたキャラに関しては
その通りになるよう努力いたします。キャラ名の表記だけのときはググって一番それっぽいので
描かせてもらいます。例えば後期の春野サクラですと、元が分からないので多分大人(?)に
なったサクラなんだろうと解釈してますw違ってたらも一度お願いします(´Д`)

これも前もって表記したように、気長にお待ちください。大体一月に一人ペースでは
描きたいと思っていますwコミケ原稿時期とかは・・・ご理解くだせえ(´Д`)



先日ちょろっとかいた「とある魔術の禁書目録」のアニメ。
面白くて毎回楽しみにしているんですが、考えれば考えるほど
腑に落ちないことが出てくるので、ここでもちょっと詳しく書いちゃいます(・ω・)
多分考察サイトとかあるんでしょうけど、ネタバレ見たくないので観ません。

とにかく気になるのはお話の軸がすごく不明確なところ。
スピンオフだった「レールガン」の軸は御坂美琴でしたよね。
じゃあ禁書目録の話の軸は「上条当麻一人」なんでしょうか?いまのところ、話の軸は
生まれもった不幸から、さまざまな事件に巻き込まれてしまう一人の少年の物語」だと
思うんですが、そうなると凄く邪魔なのがインデックスさんなんですよねw

もはや影が薄いヒロインというレベルじゃなく、コイツ一体なんなんだ?ってレベルですw
大覇星祭のエピソードでは最後まで一切関わらないで物語が終わっちゃいました。
なんでここまで物語にヒロインを関わらせないのか?何か深い意味があるのかしら?
新エピソードのイタリア編で、二人で旅行に来たのに氷の戦艦にインデックスだけ
乗れなかった時、「そこまでしてインデックス関わらせないのか!?」って意味で
大笑いしたわけで。まあ跡で合流したみたいですが(・ω・)

これって「天空の城ラピュタ」でいうと、
「パズーはシータを助けた後、とりあえず空賊を追い払ったけども
ラピュタを目指しもしないでそのまま鉱山に二人ですみ続けてる」

って感じですよ。
その間パズーは、鉱山を狙う悪党と戦ったり飛行船を巡って冒険したりはするけども、
不思議な空に浮かぶ石を持ってるシータは、ただハトの世話したり近所の子供と遊んでるだけ。
すげえ不自然。飛行石狙ってたムスカいつ出てくるの?みたいな。

「禁書目録」の話の軸は上条当麻じゃなく、インデックスと当麻の二人であるはずなのに
あえてそうしていない。二人で活躍を(ほとんど)しないから絆がいまいち良く伝わらない
だから上条当麻とインデックスが同居しているのもイマイチ必要性が感じられないんです。
インデックスは相変わらず何もしないくせに飯を食わせろと当麻に理不尽に噛み付いてくる
なんでこの娘養ってるんだっけ?イカ娘でさえ働いていたでゲソよ?
なんとなく当麻からの愛情も感じないし・・・。ただのいい人だよなあ、これじゃあ。
好意的な解釈をすると、原作ではキチンとそういった描写はあるんだけど、
たくさんある事件をより多くアニメでやるために省いている、とかかもしれませんが。

物語をこの先核心に持っていくには当麻の幻想殺しになにか大きな秘密がある、
もしくはインデックスに関わる秘密とかが重要になってくるはずですよね。
というかそのためだけにインデックスを飼い殺している感じがします。
なんでここまで冷遇するのかなあ?アニメ版が酷いのか?

なんだかんだいってますが僕は好きです(゚∀゚*)こうやって考えがわくのも
ハマってるからなんだろうと思いますしねー。
あー、ヤフオクとかで原作全巻ないかなあ。ライノベ、はづかしくてかえない僕ちゃん(^v^)
スポンサーサイト
[PR]

web拍手

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://karuken.blog37.fc2.com/tb.php/214-741b3db7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。