FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
WOWOWでやってた映画「地球が静止する日」。

球体の物体に乗ってやってきた宇宙人キアヌ・リーブス。彼は地球を
救うため、人類を抹殺するべくやって来た正義の使者だった。秘密を独占しようとする
アメリカの攻撃に怒ったキアヌは人類絶滅計画を発動する。
なんかよくわからないけどキアヌに肩入れする女科学者が、
人類はきっと変わるから!地球にエコ!」と必死で説得を試みるのだが。

クソ映画。いや見る前からわかってたけどwwww
というか私こいうった
異星人が環境破壊を止めない人類に鉄槌を下そうとしたけど、やっぱり思いとどまる
というていの映画が大ッッッ嫌いなんです。ばかぢゃねえの?
感動させたいのか悔い改めさせたいのか。何がしたいかわかんない。

こういった映画の嫌いな点は、まず
異星人が一方的に始める人類絶滅攻撃を、結局最後には止めちゃうところ
物語の展開で、(大抵)主人公の言動、人間愛的行動を目の当たりにして
人類もまだまだ捨てたもんじゃないな」とかいって勝手に納得するんですよね。
一体なにを見てきて人類を滅ぼそうと思ったのかがまず理解できない。

これ、逆の立場で考えて見てくださいよ。
僕たち人類が発見した惑星に、石斧とか槍で戦争ばっかりしてる暴力的でサルみたいな
知的生命体をいました。こいつら野蛮だし、低脳っぽくて気持ち悪いから
いきなり核ミサイルぶち込んで皆殺し
したほうがいいよね!・・・・って思考にならないでしょ、普通。
いっそのこと最後まで一切手を緩めることなく攻撃してくれたほうが
まだ気持ちいいです。この映画は唯一そこに期待したんですけどねwwww

嫌いな理由もうひとつ。
一方的に殺戮を始めるのに、完全被害者の人類側のほうが非があるように描く所。
人類は変わって見せるから許して!とかさ。絶対変わらないのわかってるのにwww
そもそも地球外生命体地球の生態を守るとか言うこと自体ちゃんちゃらおかしい。
人類を皆殺しにして作る環境が地球にいいとか、地球に住む生命体の言い分ですよ。
異星人が木々、もしくは滅びかけている生物の親戚だとかならまだわかるけどさ。


ほんと最後もびっくりするようなオチ。・・・オチたか、これ?
絶滅攻撃を止めた後、無言で去っていく異星人たち。すべてが静止した世界で
空を見上げる人々全員が、きっとこう思ったことでしょう。

結局なんだったんだ、あいつら?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

web拍手

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://karuken.blog37.fc2.com/tb.php/140-6dbc784d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。